英語

コンサルティングファームの英語力の実態

本棚に並ぶ沢山の英語辞典

優秀な人達が集まるコンサルファームの英語力は総じて高いと思っているだろうか?

先に答えから話すと、新卒入社の人間の英語力は相当高く、中途入社の人間の場合はピンキリであり、中途の比率がどうしても高い業界なので、総じていうと、「まあまあ高い」ということになるだろう

決して、第一線で活躍してる人は皆TOEIC900点持ってる、なんてことは先ずないので安心してほしい

底のレベルはファームにもよる

ただし、コンサルファームと言ってもやはりピンキリであり、コンサルファームの中でも更に優秀な層が多い戦略系ファームでは、海外MBA出身者や国内のエリート層が集まっている背景もあり、「普通の」総合系やIT系のファーム等に比べると当然英語力も高い

会計系のファームなんかの場合、一般的には外資系コンサルとみられがちだが、彼らは4大監査法人の看板に対してロイヤリティを支払っているだけであり、文化的には限りなく外国要素が強いが、経営の実態は紛れもない日本の会社である。だから、という訳ではないが、正式な多国籍ファームである戦略ファームなんかと比べると、少し英語力は劣る傾向にある

戦略系、総合系(会計系含む)、IT系のファームを除く、あまり名前も知られていないような国内ファームの場合、そもそも業務で英語を使うことは稀だと考えられるし、さらに英語のレベルは落ちる

新卒入社は大抵優秀。中途はピンキリ

さて、次はコンサルファーム内部の話である。新卒は優秀で、中途はピンキリと書いてあるが、その傾向は本当に強い。人数が多い総合系ファームの場合、その傾向はより顕著になるだろう

新卒に何故英語ができる人材が多いか、その理由は2つある。1つ目は、新卒の人間に海外経験者(留学、帰国子女)が多いためである。近年はコンサル人気なこともあり、新卒でコンサルファームに入社するのは、かなり意識が高い系の人達だ。大学以前の段階で海外経験がある人材には総じて意識高い系の傾向が強く、コンサルファームに入る人も多くいる

2つ目は、新卒入社のハードルが非常に高く、英語力についても当然見られるからだ。就活生の場合、やはり内定を取るという大きな目標があり、そのためのハードルとして英語があるのであれば、ハードルをクリアするために努力を重ね、結果を出す。コンサルファームから新卒で内定を勝ち取るような優秀な層には、その傾向がより顕著に出るため、入社時のTOEICの平均スコアはとても高くなるという訳だ

対して、中途入社の場合、そもそも英語力はあまり重視されない。あればいいね、くらいの感覚とも言っていい。それよりも、社会人経験の中で得た専門知識やコアスキルの部分をより重視される。だから、外資系と呼ばれるファームであっても、中途入社の人間の英語力のアベレージは意外と大したことない

コンサルに入社する場合、英語力は必須か?

新卒の場合

私の認識が間違っていなければ、戦略・総合などを問わず、大手コンサルファームに新卒で入社しようとする場合、相当な英語力が求められる。

実際、入社面接で英語の面接もある。余程の特技がない限り、英語力は必須と考え、英語圏で生活したことのないピュアな国産の人達は、早めに対策した方がいいだろう

既卒(転職)の場合

グローバルプロジェクトに入社早々アサインされたい、などという願望でもなければ、そんなに気にする必要はない

これもファームにもよるだろうが、例えば一つの例として、コンサルファームのマネージャーへの昇格要件としての英語力が、TOEICで700点くらいだったりする。意外に大したことないな、と思えないだろうか?

既卒の場合、英語力云々よりも、その人が持っている人間性やスキルの部分をより評価され、英語力はプラスαくらいの観点でしか見られない、ということは知っておこう。実際、英語力が入社時に大してなくても、意外と何とかなってしまうのだ。勿論、持っているに越したことはないが

英語力は、身に着けて絶対に損しないスキル

中途でコンサルに入社希望の場合、英語力はそこまで気にしないでいいという論調で話してきたが、それはあくまでファームへの「転職」という一場面を切り取ったときの話しだ

実際、業務で英語力がなくてもどうとでもなるが、あると重宝することも沢山ある。

例えば、人数が沢山いるコンサルファームの場合、私のように「英語なんて大してできなくても大丈夫」という考えの人達が沢山いるわけだ。その中に、ポツポツと本当に英語力を持っている人が散在している。外国人とちゃんとした英語でコミュニケーションを取らないと仕事が進まなくなる瞬間が、様々なタイミングで誰にでも発生するのだが、そういう時に本物の英語力を持った人は確実に必要とされる。英語ができると、組織やチームに大してインパクトを持てるのだ

あと、何だかんだで英語は最も汎用的な”資格”ともいえるため、どこの会社にいくにもTOEIC高得点は武器になるのは間違いない

外国人とコミュニケーションを取れるようになると、それも楽しみの一つになる。母国語以外の言語でのコミュニケーションというのは、ちゃんとできるようになると物凄く新鮮で面白いものだ

結論を繰り返しておくと、コンサルファームの英語力の実態は、おそらく皆さんが想像する程高い次元のものではない。それは、人数構成の多くの部分を占める中途入社組の英語力が誰でも高くはない、ということに起因する。