職場

職場で物に当たる人にどう対処すべきか

イライラした顔の犬

物に当たる人が近くにいると、ビクビクする

次はいつくるのか、イライラしてる人とどう接したらいいのか・・・

職場のような閉ざされた環境でそういう状況がずっと続くと、やられる側はノイローゼ気味になる

常に緊張して、心臓がバクバクする・・・

私は精神科医ではないから、物に当たる人を変える術は知らない

過去にそういう人たちを、何とか自分の力で変えようとしたが、ほとんどは失敗した

物に当たる人を静かにするのは難しい。それは彼らの習慣のようなものなのだ

だから、物に当たる人が更正することはない前提で、被害者である私たちはどうすればいいのかについて話したい

職場で物に当たられるのは非常に辛い

机を叩く、電話をガチャ切りする、ごみ箱を蹴っ飛ばす、、、

やる側もイライラしてるんだろうが、はたから見ている人からするとたまらない

物に当たる人の一挙一動にビクビクしてしまい、毎日そんなことが続くと、会社に行くのが嫌になってしまう

頼むから牛乳でも飲んで落ち着いてくれと言いたい

物に当たる人は変わってくれない

だが残念なことに、待っていても彼らは変わってくれない

私も職場の先輩・同僚や後輩に、すぐ頭にきて物に当たる人が何人かいて、どうにか自分が行動することで彼らを変えられないかトライしてきたが、結局だめだった

少しの間は抑えてくれていても、時間が経つと、いつも元通り

実際、損をするのは彼らなんだが、そういうところまで諭しても変わってはくれなかった

人間の本質的なところは、他人があれこれ言ったところで、一朝一夕で劇的に変わることはない

物に当たる人間はどこにいっても一定割合で存在する。そして、彼らが変わってくれない以上、不本意なのだが、自分が変わるしかない

気にならない人もいるという事実は重要

ここで参考にしたいのが、物に当たる人がいても、そんなにストレスにならない人達

私は他人がイラついてるのを見ると、気になって仕方がない方だが、たぶんそういう人は沢山いると思う

私みたいなタイプの人達は、イラつく人がいても気にならない、ストレスにならない人を参考にすることで、自分達も少し楽になれるんじゃないかと考えた

それも踏まえて、以下のように物に当たる人への対処法を整理してみた

自分のストレスを溜めないことが肝心

ストレスというものは、溜まると心理的・肉体的な不調につながる

だから、ストレスは溜めないことが重要だ。職場に物に当たる人がいる場合、以下のような対処をすることで、ストレスを軽減できると考える

うるさい!と言う

気になった時にうるさいと注意できたら理想的。自分より立場が下の人間に対してなら、遠慮せずにうるさい!と注意してもいいし、周りのことも考えたら注意すべきだろうと思う

それでも解決しない場合は、職場の風紀を乱しているとみなして、会社の上層部に報告を入れるのもありだろう

ただ、この対処法は上司に対しては勿論できないし、同僚に対しても中々難しい部分があるだろう

同僚と愚痴を話す

自分だけで抱え込んでいると辛い。けど、人に話すと楽になれることがある。溜まったストレスを、他人に共有することで、発散できるからだ

これは割と即効性が高いし、すぐできることだ

実際、私も信頼できる同僚に、物に当たる人のことを愚痴りまくってストレスを発散していた時期がある

遠慮はいらない。悪いのは、物に当たる人なのだから

上司にチクる

先ほどの、「うるさい!と言う」ができてなくても、あまりにも気になったら職場の上層部にチクるという手段もある

職場の風紀を乱されて、社員の士気が落ちてしまうのは、経営陣からすると大きな痛手だ

せっかく雇っている従業員が、変な人がいることが問題で、本来のパフォーマンスを発揮できないことは、会社にとって望ましいことではない

だから、思い切って偉い人に相談してみるというのはありだ

実際、私もその手段に出て成功したことがある。要は、セクハラの被害にあった人が、それを上に報告して救われるのと構図としては同じようなもんだ

耳栓をしたり、音楽を聴いたりする

これが許される職場なら、意図的に物にあたる人をシャットアウトするというのも手だ

耳栓やイヤホンをしていれば、大きな音がしてもそんなに驚くことはない

この、音をコントロールするとのは意外に効果的なので、可能な職場であれば試してみるといい

カルシウムを取る

カルシウムというと、カッカする気持ちを抑えることに効果的なイメージがあるが、要は精神を安定させる働きがある

不安が和らげば、物に当たる人を見て自分自身がパニックに陥る現象を、軽減できる

ちょっと引かれるかもしれないが、過去の職場で、私は物に当たる人と席がとなりになった際には会社にパックの牛乳を持ち込んで、欠かさず飲むようにしていた

物に当たる人に慣れる

物に当たる人が近くにいると初めはものすごつ辛い。が、ピークを越すと少しなれる場合もある

これは完全な想像だが、私は母子家庭で育ったので、父親が怒って物に当たるような場面に出くわさないまま大人になった

物に当たる人に対する耐性がないのだ

他方、普通に両親のいる家庭で育ち、父親もそれなりにカッと来ると物に当たる環境で育った人たちは、

小さいときからよくあることだったので、無意識のうちに、人が怒って突然大きな音が出ることに慣れているのではないかと思う

だから、初めのうちは相当つらいのだが、我慢してピークをすぎると慣れることもあるだろうと考えるし、実際私の場合もそういうことがあった

それが無理なら異動するか、転職する

今話してきたことが無理な場合、他の部署に異動するか、転職した方がいいかもしれない

言葉は悪いかもしれないが、すぐ物に当たるような下等な人物をそのまま野ざらしにするような会社は、いい会社ではないと私は考える

物に当たる人は変わってくれない、自分も行動に出られない状況ならば、思い切って職場を変えることを検討することも視野にいれた方がいい

フリーアドレスの会社を選ぶというのも手だ

私は今フリーアドレスの会社で働いているが、オフィスで働くときは自分の好きなところに座って一人で仕事ができるので、まず物に当たる人の被害にあうことは無い